カートをみる 会員登録へ・マイページへ ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS



靴ひもの種類

靴ひもの種類

丸ひもと平ひもの違い
丸ひもと平ひもでは、必然的に幅のある平ひもがカジュアルな印象を与えます。
丸ひもの中でも幅が太くなるにつれて、カジュアルな 印象になります。 どちらも紐の存在感が増すほどに、カジュアルな印象 を与えます。
逆に、靴ひもが細いほどドレッシーにな ります。
また、しっかりと結びたい時には、丸ひもより も、平ひもが適しています。
ロー引き
蝋やシリコーン樹脂でしっかり覆った靴ひも。
ローを引くことで、靴ひもの耐久性が増し、ビジネスシューズなどに向く。
耐久性が抜群でハリがある分、結び易さは少し劣るが、蜜蝋をさらに塗り込ことで、結び易くほどけにくくなる。

石目柄
綿素材を使用し、編みこむ方法で作られている。
ニット調に編まれている紐なので、クッション性に富んでいる。
表面に編み込み柄(石目柄)がでるため、ややカジュアルな印象があるが、伸縮性に優れているので、足のコンディションの変化に対応しやすい。
蜜蝋塗りをすることで、さらにほどけにくく、ストレスなく履ける。
ガスひも
一般的な靴ひも。
耐久性には劣るが、光沢があり、結びやすいひも。
表面が平滑な分、ほどけやすいが、蜜蝋塗りをすることで克服できる。


ひもの種類の比較